得点能力は3人とも同じ位だと思いますが、レブロンやKDは淡々とというか非常にあ...




得点能力は3人とも同じ位だと思いますが、レブロンやKDは淡々とというか非常にあっさりと簡単に得点しますが、コービーって一生懸命というかいろいろこねこねやってようやく無理やり得点するイメージないですか?まあKDは2人に比べキャッチ&リリースが多く、レブロンは身体能力が圧倒すぎて小技を仕掛けなくてもシンプルにあっさり得点するのに対してコービーは様々なテクを駆使して得点するタイプですから単なるプレイスタイルの差でそう見えるだけかもしれませんが。(Yahoo!知恵袋から引用)

同じブログテーマの関連する質問
・クリスポールとナッシュ。どっちの方がうまいですか?
・バスケットボールが外で使っていくうちにデコボコになります。ぼくのボールは、と...
・バスケのスリーポイントのコツ教えてください!
・私はバスケ部に入るので今バスケのルールの勉強をしています(といっても大体の基...
・中2のバスケ部のです今のチームに一番必要なのはフリーの時は必ず入れれるぐらいの...


20歳の顔は自然から授かった物、30歳の顔は人生が形作った物、だけど50歳の顔はあなたの価値にふさわしい物。

よくランチで利用する店があるんだけど、今日のメニューは「人参の葉のパスタ」。具は葉っぱだけ。まずくはなかったけど、ちょっと損した気分(ケチくさい?)。

高良健吾&吉高由里子インタビュー 5年ぶりの共演は「嬉しいような、寂しいような」について、今日誰かが何か言っていたのを思い出して、ニュースをチェック。え~と、確かこんな話だったと思うんだけど。

高良健吾&吉高由里子インタビュー 5年ぶりの共演は「嬉しいような、寂しいような」

高良健吾&吉高由里子インタビュー5年ぶりの共演は「嬉しいような、寂しいような」  2月21日(木)20時0分配信 『横道世之介』高良健吾&吉高由里子/Photo:Yoshio Kumagai よく笑う。『横道世之介』で演じた世之介と祥子がそのまま現れたかのように、高良健吾も吉高由里子も、撮影現場の思い出を語るその表情はただただ笑顔。1987年、東京の大学に入学した九州長崎出身の横道世之介の1年を追っていく物語は優しさと懐かしさと、圧倒的な幸福感に満ちている。(Yahoo!ニュースより)



毎日忙しいし、いろんなことがあって刺激にもすぐ慣れてしまうけど、新しいことに対する興味や関心は、ずっと持ち続けていたいなぁ。それが若さの秘訣?だったりして。



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0