NBAの「ワック イン ドワイト」「ハック ア ドワイト」について疑問があります。何...




NBAの「ワック イン ドワイト」「ハック ア ドワイト」について疑問があります。何故ボールを持ってない選手にわざとファウルする行為を認めているのでしょうか?NBAのゲームを見始めて約7年になります。ロサンゼルスレイカーズに移籍したドワイト・ハワード選手がフリースローが下手である事から、わざとドワイトにファウルする事によって戦況を有利に進める作戦として、「ワック イン ドワイト」または「ハック ア ドワイト」がありますが、何故この戦術が今のNBAルールで認められているのかわかりません。ボールを持ってない選手に故意にファウルをした場合、テクニカルファウル扱いにすれば良いのではないでしょうか?この戦術は以前にもシャキール・オニール選手に対して行われており、今シーズンまではこういった露骨なファウルは無くなったので、シャックの例を踏まえて、ルール改善されたのだと勝手に思い込んでました。そもそも、ボールを持ってない選手に故意にファウルしてフリースローを与えるのがOKなのだとしたら、試合終了間際のファウルゲームの際、何故わざわざボールを持った選手にファウルする必要があるのでしょうか?その場面だって、フリースローが下手な選手に向かってファウルすれば良いはずではないでしょうか。ドワイト以外にもフリースローが下手な選手は沢山いますし。疑問なのは、試合終了間際のファウルゲームではボールを持った選手めがけてファウルをするという紳士協定?のようなものがあるのに、試合終了間際でなければ「ワック イン ドワイト」のような作戦が通じるというのが納得いかないのです。「ワック イン ドワイト」はゲームのテンポが悪くなり、試合が一気に面白くなくなるので、ルールで規制してほしいと個人的には考えているのですが、NBAではこのルールを改善しようという動きはあるのでしょうか?ご存知の方がいれば、お願いします。(Yahoo!知恵袋から引用)

同じブログテーマの関連する質問
・会津大学を目指す高2男子です。いきなりで申し訳ないのですが、大学生になったらバ...
・新しいバッシュを買おうと思ってますハイパーダンク2012を買おうとしています。今...
・一人でバスケをやってるのは変ですか?最近、運動不足が気になり始めて久々にバスケ...
・過ぎた話なんですが、、、、、、何故ピストンズがビラップスを放出して、アイバー...
・NBA 現役最強のバックコートコンビは、バックスのモンテ・エリス&ブランドン・...


災難に合わせて、どこか一方の扉を開けて、救いの道を残している。

新しいシャツに袖を通す。パリっとした感触が心地いい。シャツがヨレヨレだとやる気まで失せてくるから、着るものって大事なんだなと思います。

話題に遅れないように、ニュースのチェックはこまめにしっかり。特にS・ラモスが審判侮辱などで5試合出場停止とかその手の話は、ちゃんとおさえておかないとね。

S・ラモスが審判侮辱などで5試合出場停止

Sラモスが審判侮辱などで5試合出場停止  1月11日(金)4時0分配信 'SergioRamos - Real Madrid' レアルマドリーDFセルヒオラモスがゝ試合の出場停止処分を受けることになった。スペインサッカー連盟(RFEF)が発表している。Sラモスは9日に行われたコパデルレイのセルタ戦で2枚のイエローカードを受けて退場となっていた。この退場で1試合の出場停止が決まったが、それ以上に審判団への暴言が問題となったようだ。この一戦を担当したアイサガメス主審の報告書によると、Sラモスは何度も暴言を吐いたという。(Yahoo!ニュースより)



今日やることは、後なんだったかな。なんだかまだやり残したことがあるような、ないような・・?とりあえず、ここはこれまでにしよう。



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0