バスケットボールのディフェンスについて




バスケットボールのディフェンスについて最近バスケをしているんですが(レベルは高くありません)、気になることがあるので質問しました。オフェンスのボールを保持しているプレイヤー(以降オフェンス)とディフェンスがいてオフェンスの前にディフェンスが立って進ませないようにしますそれをオフェンスがディフェンスの横を通って抜けようとして、それに合わせてディフェンスが横に移動してオフェンスがよけられず突っ込んできて接触したらディフェンスはそのまま(プッシングはしない)の場合ファウルはどうなるのでしょうか?回答お願いします(Yahoo!知恵袋から引用)

同じブログテーマの関連する質問
・バスケットシューズを捜しています。Nike Zoom Kobe Bryant VI 6 AllStar ナイキ ...
・PG アイバーソン、PF カールマローン、C シャック
・中学2年生の男子です。 バスケットボール部に所属しています。マニュアル本を買い...
・バッシュ ナイキエアズームブレイブ5について
・世界最高リーグNBAでシューターで知られている二人デュラントとコービー、どっ...


喫煙家が禁煙家にかける迷惑は肉体的なものであるが、禁煙家が喫煙家にかける迷惑は精神的なものである。

お湯をためる時間がもったいないからシャワーで済ませることが多いのだけど、久しぶりにバスタブにつかったらすごく快適!温泉とか、行きたいんだけどねぇ。

そうそう、さっきニュースの見出しをチェックしていたら、「愛犬の遺骨壊された」 作家蜂谷涼さんが外交官を提訴の話を見かけました。ちょっと似たような話は、少し前にもあったかも。

「愛犬の遺骨壊された」 作家蜂谷涼さんが外交官を提訴

「愛犬の遺骨壊された」作家蜂谷涼さんが外交官を提訴  10月5日(金)9時26分配信  小樽市在住の作家蜂谷涼さんが、在中国大連の日本総領事館の出張駐在官事務所に勤務する外交官の男性に、ペットだった犬の遺骨を壊されたとして、慰謝料など110万円の支払いを求めて札幌地裁小樽支部に4日提訴した。訴状と代理人弁護士によると、蜂谷さんが15年以上飼っていた犬が今年7月末に死に、蜂谷さんは火葬後に自宅に祭壇を設けて箱に遺骨を入れて保管していた。(Yahoo!ニュースより)



ああ、そうだ、頼まれてた写真のプリント、やっておかなくては。インク足りるかな。「修正しといて」とか言われたけど、そんなヒマないってば。



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0